日本橋、三越前 パーソナルトレーニングジム

三越前で医者に運動を勧められた時に始めるパーソナルトレーニング

やるということはやらないということ

 


三越前にてパーソナルトレーニングを指導している本田と申します。

 

今現在私が受講している講座の中でとても分かりやすい事例を

教えていただいたのでこちらにも書かせていただきます。

 

あなたが明日の午前中に映画を見ようと決めたとします。

それは映画をみる何かをやると決めたわけです。

 

そうするとその他の事すべてはあなたが午前中に映画を見ている間は当然できませんよね。

なので映画を見ること以外やらないと決めたわけです。

 

数年前にも私同じ様な記事書いたことありますが

今回の事例の方が圧倒的に分かりやすかったんで書きました。

 

私であれば明日息子の運動会を見に行きます。

ということは他のすべてはやらないということです。

 

あなたに置き換えると運動やトレーニング始めようかな、始めなくちゃいけないなと思った時には

同時に何かをやらないと決めなくてはいけないということです。

 

1日のうちにぼーっとする時間が何時間もありその時間を止めるというのであればいいですが

まずそんな人いませんよね。時間目いっぱいで生きていますよね。

 

でもその目いっぱいの時間から何かをやらない時間を作らないと運動する時間はできません。

スポーツクラブに通うとするのならば、

 

スポーツクラブまでいく時間、着替える時間、運動する時間、パーソナルトレーニングする時間、お風呂はいる時間、着替える時間、家まで帰る時間。これだけの時間がかかります。

 

いったい何時間やらないことを捻出しなくてはいけないのでしょうか?

それでも天秤にかけてスポーツクラブに行く時間の方が大切ですと言うのであれば止めることは致しません。

 

しかしトレーニングジムに行く、着替える、トレーニング15分、汗をおしぼりで拭く、着替える、帰る

ざっと計算しても1時間あればおつりが十分来ます。

 

基本的にどんなことであれあなたが望む結果というものは1回や2回で効果が出るものではないはずです。

何週間、何か月やって始めて納得のいく成果が出るはずです。

 

その間すべてを犠牲にして何時間もの貴重な時間を捻出できますか?

いずれスポーツクラブに行くのがおっくうになってしまい

結局行かなくなってしまうというのは非常にもったいないと私は考えます。

 

でしたら週1回15分から始められるジムに通われて

それ以外は犠牲にせずにやりたいことをやるという選択肢もありますよ。

 

運動やトレーニングが15分なんかで本当にできるのかよ?

とおもわれているあなた1度体験されることをおススメいたします。

 

15分でも満足度がかなりあり動いた後はスッキリ爽快な気分にもなれます。

疑い深いあなたにこそ体験してみてほしいですね(笑)

 

詳しくはそのままホームページをお読みいただければ幸いです。

 

たった15分で魔法のようにあなたの人生が変わるかもしれませんよ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

肩の不調や痛みが出たらどうしたら良いか?

 


三越前にてパーソナルトレーニングを指導している本田と申します。

 

肩の痛みや不調が出た時に私のトレーニングをするとどうなれるのか説明します。

 

私はARMトレーニングという手法を用いてトレーニングしています。

元整体師で私の師匠である、ARM TOKYO代表の木村 誠作が考案したトレーニングになります。

詳細はhttps://armtokyo.com/concept/をご覧ください。

 

私はARMのプロです。ARMの専門家です。痛みを取る、治す専門家、治療家ではありません。

でもトレーニングをすることにより良くなる人がたくさんいます。

 

まず痛みや不調の原因は運動不足によるものです。

前回書きましたが世の中には様々な理論や手法があります。

そのすべてが正しいと思いますが、私は運動不足が原因であるというスタンスを取っています。

 

一般的には痛みがある時には休み痛みが治まってきたら徐々に運動を再開していくという流れです。

しかし休めば当然、運動量は落ちますよね。その結果血の巡りが悪くなり痛みや不調がより出やすくなります。

ですので痛くても運動を継続でき運動不足にさせず

血の巡りが良い状態を保つことが痛みや不調を和らげることに繋がります。

 

「でも痛い時に運動なんてできないしやりたくないしそもそも運動してよいのですか?」

こんな声が聞こえてきそうですが、そこで最適なのが元整体師が考案したARMトレーニングだと私は考えます。

 

おっしゃる通りで

運動なんてできないと思っていらっしゃる方がほとんど全てだと思います。

私の知り合いでは50肩のような症状で腕が上がらなくなってしまったがなんとかしようと

自分でネットで調べて痛みがあるが気合で運動したらより痛みが増してしまったという方もいました。

運動不足が原因ですが無理に体を動かすことはかえって悪化させてしまうこともあるということも覚えておいてください。

 

もちろん整体や接骨院で電気をあてて良くなりたい

運動なんてしたくないという方に無理に押し付けているわけではありません。

 

しかし私も3年間治療院にてこのARMトレーニングを指導していました。

結果から言うとほぼすべての方に効果があり、トレーニングしてよかったと言っていただけました。

トレーニングと治療を併用して相乗効果でどんどん良くなる人もいました。

 

何度も言いますが肩に限らず不調や痛みが出る原因は運動不足によるものです。

なので運動を継続させること、あなたにあった継続できる仕組みを考えることが私の仕事と言い換えることができます。

 

痛みや不調が長く続いているようであれば運動不足が原因ですので

1度私が指導しているARMトレーニングをぜひ体験してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私はあなたに【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】になって頂き幸せな人生を送っていただきたいです。

そのためのお手伝いをARMトレーニングを通してできれば幸いです。

肩に違和感や痛みがある時の考え方

 


三越前にてパーソナルトレーニングを指導している本田と申します。

 

40代後半から50代になってくれば肩に違和感や痛みがない人の方が少ないのではないでしょうか?

仕事ではパソコンを使い家ではスマホを使い肩に負担がかかっているのは間違いないでしょう。

 

あなたは肩に不調や痛みが出たらどうしますか?

もしくは今不調や痛みがある方はどうされていますか?

 

代表的なところでは

・何もしない

・我慢する

・冷やす

・温める

・自分でネットで調べてストレッチや動かしてみる

・マッサージしてもらう

・接骨院で電気をあてる

・整体で筋肉や神経や背骨を整えてもらう

・スポーツクラブやパーソナルジムでストレッチやトレーニングする

 

どれが正解でしょうか?

 

私は全部正解だと思います。

 

早く痛みを取りたい人もいればゆっくりじっくり取りたい人

同じ痛みが出ないようにトレーニングする人ストレッチで柔軟性を上げたい人

あなたが納得していればそれで良いと思います。

 

ただし納得していない思ったほど効果を感じられていないのであれば

それは別の選択肢を考えることも必要ではないでしょうか?

 

何か月も変化を感じられない。

痛みや不調が増してきた。

通う回数が増えてきている。

 

これらは現状を見直すサインかもしれませんね。

良い方向に行けるチャンスでもありますのでポジティブにとらえてください。

 

いつかよくなるとなりすぎるのも怖いかもしれませんね。

日本もいつかよくなると言って30年以上が過ぎてしまいました...

 

えっと肩の不調や痛みの話しはどこ行ったんだと言われそうですが

頑張っているあなたを否定はしませんがそのがんばりで本当にあってる?

とふっと我に変える時も必要ではないかという話しでした。

 

次回、治療家でも痛みを取る専門家ではないただのパーソナルトレーナーの

私のレッスンを受けられた方多くの方が肩の痛みや不調が良くなるのかを書きますので楽しみにお待ちください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

今の自分が魔法のように変われる15分トレーニング1度体験してみませんか?

未来は希望と可能性しかない

 


三越前にてパーソナルトレーニングを指導している本田と申します。

 

あなたは5年後10年後その先の未来をどうお考えですか?

 

私は未来と希望しかないと考えています。

 

質問ですあなたには自分一人では生活できなくなった時に支えてくれる人はいますか?

 

もしパートナーが支えてくれると思っているあなたにはこんなデータがあります。

 

平均寿命人が何歳まで生きられるか?です

男性80.50歳 女性86.83歳です(2014年)

 

それに対して健康寿命というのはご存知ですか?

健康寿命とは健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態のことです。

男性71.19歳 女性74.21歳です(2013年)

 

このデータからあなたは何を感じますか?

 

私はとても怖いデータだと感じています!それはなぜか?

 

平均寿命と健康寿命の差が男性は約9年、女性にいたっては12年の差があります。

 

健康寿命というのは日常生活を普通に送れる状態でしたよね。

 

それが女性は平均74.21歳まで、でも平均寿命は86.83歳その差12年

ということは、12年間一人では日常の生活はできない、誰かの手を借りなければ生活できないのです。

 

そして男性は女性よりも約6年早く逝ってしまいます。

 

ということは12年のうち半分の6年は一人で何とかしなくてはいけないのです。

 

かなり偏った見解かもしれませんが、可能性は大いにあります。

 

でも一人になった時にでも、【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】であれば問題ないですね。

 

自分一人でも生きていけますし周りに助けてくれる人がたくさんいそうですよね。

 

なので今から【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】になるために自分のからだに投資するという考えをもち、そのためにトレーニングしていくことも大切な要素ではないでしょうか?

 

当然投資ですからすぐに結果が出るものではないかもしれませんが、5年後10年後を見た時には圧倒的な差がそこにはついていることでしょう。

 

やればやるほど増えていくのが投資です。

 

いつも言いますが今日があなたの1番若い時です。

 

今日から始めることで、投資にかけられる期間は一番長くなります。

 

健康にも投資をするという考え持ってみてはいかがでしょうか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私はあなたに【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】になって頂き幸せな人生を送っていただきたいです。

 

運動を始める時に大切なたった1つのこと

 


三越前にてパーソナルトレーニングを指導している本田と申します。

 

ドクターから運動を勧められ運動を始めようと思った時に大切なことがたった1つだけあります。

 

それは【まねる】ことです。

何をまねるのかといえばすべてですね。

 

体力や筋力が落ちたから運動する、痛みを改善したい、ダイエット、ボディメイク、パフォーマンスアップ等

運動を始める理由はさまざまですがまずやるべきことはまねることです。

 

特にやってほしいことはトレーニング中コーチのフォームをまねることです。

まねることがどんどんうまくなっていくことで、おのずとあなたの目標に近づきます。

 

トレーニング以外でもそのコーチが歩いている姿、座っている姿、立っている姿、食事の姿等

見られるようであればそちらもまねできるとより効果は大きくなっていきます。

 

ただしそのコーチがトレーニング中とそれ以外がまったく違う姿なのだとしたら要注意です。

 

コーチを変えることも考えても良いかもしれません。

 

あなたの基準ですべてをまねしたくなるようなコーチなのか?もトレーニングコーチを選ぶ1つの基準です。

 

まねしたくなるようなコーチであるのならひたすらまねる。

まねできるところはすべてまねする。

 

もし少しでも違和感を感じたのならばその違和感を大切のされてみるのも良いかもしれませんね。

 

これをすること、意識することができるかできないかであなたが望む結果が変わると私は信じています。

 

ぜひ目をこらしてトレーニングコーチのすべてを見てまねしてみてください。

 

そしてあなたの感じた直観や違和感のような物を是非大切にしてみてください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私はあなたに【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】になっていただきより良い人生を送っていただくためにトレーニング指導をしています。

あなたは何のためにトレーニングするのですか?

 


三越前にてパーソナルトレーニングを指導している本田と申します。

 

あなたはトレーニングを始める時に何となくや取りあえずやってみよう。

やったら何か良いことあるかもしれないと思って始めようとしていませんか?

 

取りあえずで始めた事(人)で結果が出た物(人)を見たことがないと聞いたことがあります。

私もそう感じています。

 

100歩譲って、失敗することを前提に取りあえずはありだと思いますが、

トレーニングを始めるのに失敗を前提に始めるのはどうかと...

 

となると重要となるのが

何のためにトレーニングするのか?です。

違う言葉だと

あなたはトレーニングをしてどうなりたいか?です。

 

私はトレーニングを通じて【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】にあなたになっていただきたいです。

 

この肉体的・精神的・経済的に豊かな人はそれぞれ違っていて良いのではないでしょうか?

 

今明確にトレーニングの目的やこうなりたいと決まっている人はそこに向かっていってください。

一つアドバイスできるとすれば短期的と長期的な視点があると良いのではないでしょうか?

 

例えば

短期的な目標:今ある痛みを軽減させたい。

長期的な目標:富士山に登ってみたい。

などですかね。

 

こうすると日々のトレーニングをやる活力になるのではないでしょうか?

 

今あまり考えられていない人でも考えてみることは大切なのではないかと

それでもまったく思いつかない方は私の想いを使っていただいて結構ですので

あなたが考える肉体的に豊かな人

あなたが考える精神的に豊かな人

あなたが考える経済的に豊かな人

とは?

 

を考えてみてはいかがでしょうか?

トレーニング始めるから見つかるものではないと私は考えます。

始める前からこうなりたいと決めていく方が結果や目標に近づけている方や

さらに上の違う目標を見つけられる方が多いのではないかと。

 

ですので私からの提案としましては

目標を決めることからトレーニングはスタートしたほうが良いのではないでしょうか?

と言いたいですね。

 

目標があれば悪い誘惑にも負けないですみますし(笑)

最後にもう一度あなたは何のためにトレーニングするのですか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私が指導するジムARM TOKYOのホームページ

https://armtokyo.com/はこちらです。