日本橋、三越前 パーソナルトレーニングジム

三越前で医者に運動を勧められた時に始めるパーソナルトレーニング

トレーニングをすることであなたが得られるものは?

 


こんにちはパーソナルトレーナーの本田です。

 

本日からGWが始まりました。

ウキウキの人たちもいらっしゃると思いますが、

痛みがあったり、リハビリ後ではまた痛めたらどうしようと考えて

出かけるのも控えようかな?となってしまうかもしれませんね。

 

最初にお伝えしておきます。

私は【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】にあなたになっていただきたくパーソナルトレーナーをしています。

 

さて本題ですが

本日は私のトレーニングをすることであなたが得られるものをお伝えしていきます。

 

①年間を通しての体調管理がしやすくなる。

痛みや体調不良などは1回良くなったから一生出ないかといったらそうではありません。

例えば、花粉症や5月病で毎日眠い、雨が降った時に頭痛がするや夏バテしてしまうなど

いつもではないけどこの時期だけ痛みや体調が悪くなるということが誰にでもあります。

この時期にはこういう症状が出やすいからこのトレーニングをしましょう。

症状が出た時はこのトレーニングをしましょうと

症状が出ることを前提にトレーニングをしていますので軽い症状で済んだり、症状が出ないこともあります。

 

これらを年間を通して行うことで

あなたの周りが体調不良の中あなたは軽い症状であったり

一人だけ元気であったりすることもあります。

年間を通しての体調の管理がしやすくなります。

 

②自分で何とかできるようになる。

先ほども書いたように1回痛みや体調不良が良くなっても何回でも痛みや体調不良はでます。

その時に毎回病院や治療院に行くとなると精神的にも落ち込んでしまうでしょう。

そうではなくて痛みや体調不良が出た時にご自身で何とかできるようになります。

 

この時期はこれやりましょう、痛みが出たらこれやりましょうとトレーニングの中でお伝えしていきます。

最初はできないかもしれませんが長くトレーニングを続けていくことにより

痛みが出たけど自分で○○したら良くなった。

花粉症でしたけど○○したら今年はあまりでなくなった。

とご自身で何とかできることが増えていきます。

 

もちろん骨折を治すとかがんが治るとかそのようなことはできませんし

そんなことができると言っている所があれば私は少し怖いと思います...

 

この○○は実際にレッスンを通してお伝えしていきます。

 

③レッスン後スッキリする

こちらは絶対に毎回そうなるか?とは言いきれませんが

私が治療院で運動指導していた時、痛みがある方でもトレーニング後はなんだかスッキリした

気分が良くなったわ、明日から頑張れそうと前向きな気持ちになった方が多かったように感じました。

 

スポーツクラブでトレーナーをしていた頃は

痛みがあるけどこれ我慢したら痛みなくなるから頑張ってるの

楽しくはないけどこれやれば良くなりそうだから

という方も結構いた気がします。

 

私はレッスン後のスッキリ感は続けていくうえでは大切な要素だと思っています。

 

④できなかったことができるようになる

私のレッスンは今できることをずっとできるようにする(維持)ではなく

できなかったことができるようになることが大切と考えます(成長)

維持ではやれることがどんどん狭くなっていきますが

成長ではやれることがどんどん広がっていきます。

そのことで豊かな生活が送れれば良いなと考えています。

 

⑤体調の変化に気づきやすくなる

何か風邪ひきそう

○○が痛くなりそうだな

いつもと違う感じがするな

かっこよく言うならば感覚が鋭くなるですかね。

鈍感な人は病気がかなり進行してから気づき大病になってしまったということもあるみたいですので

感覚が鋭くなり体調の変化に気づきやすなることはご自身やひいては家族や大切な人守ることにもつながります。

 

⑥医療費の節約になる

経済面でいえば病院や治療院、マッサージなどに行く回数が将来的には

減る方が多い傾向にあります(決して行くなとは言っていませんし絶対ではありません)

やはりご自身のことはご自身で守ることが大切だと感じています。

 

それ以外にも細かく得られるものはありますが

それはあなたが実際にレッスンを受講し感じていただければ幸いです。

 

痛みを取りたいのであれば治療院の方が良いでしょう

筋肉をつけたいのであればスポーツクラブの方が良いでしょう

 

年間を通しての体調管理がご自身でできることにより

最初に書きました【肉体的・精神的・経済的に豊かな人】になれると私は信じています。

 

何かご質問等ありましたらご連絡下さい。

長々と失礼いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

この記事に関連する記事一覧